• ホーム
  • トリコモナスに感染すると膀胱炎のような症状が出ることもある

トリコモナスに感染すると膀胱炎のような症状が出ることもある

錠剤が乗っているスプーン

性感染症のなかには細菌やウイルスだけでなく、寄生虫が原因で発症することもあります。トリコモナス症は同名の原虫が性器に感染することが原因で発症する性感染症の一種です。トリコモナス症の症状は男性と女性で大きく異なるのが特徴といえます。女性の場合は無症状で経過する場合もありますが、オリモノの変化を来たすのが一般的です。オリモノが泡状に変化して粘性を帯びたり、色あいも大きく変化を見せます。色合いは黄緑色で泡状の悪臭を伴うオリモノが分泌されます。もっとも悪臭を伴うオリモノの分泌量には個人差があり、僅かの量にとどまっている場合もあります。炎症の影響で陰部が敏感になり、性交時に痛みを感じることも。より重症化すると、外陰部に赤みを帯びたり周辺の皮膚に炎症が波及する場合もあるようです。解剖学的に膀胱に近接していることから、排尿痛などの膀胱炎症状を呈する事例も珍しくありません。

これに対して男性の場合は無症状で経過するのが、むしろ一般的です。症状が出るとしても軽い尿道炎程度の症状が経験されるのが大半です。例えば尿道口周辺のかゆみや違和感、排尿時の分泌物の排泄などです。とはいっても男性でも、トリコモナス原虫が繁殖することで、炎症範囲が尿道から尿路系臓器に波及し、膀胱炎や前立腺炎などに発展する事例も観察されています。前立腺というと膀胱よりさらに奥に位置する器官なので、炎症範囲が広範囲に及んでいることを示唆する状況です。

前立腺炎を発症すると陰嚢・陰茎や肛門周囲など広範囲に痛みが発生するので、自覚症状も強く治癒までの時間も長期化することになります。
男性も女性も重症化すれば、腹膜炎などのリスクも否定できないので、確実に治療して治癒させることが大事です。トリコモナス症の治療はメトロニダゾールの投与にあります。メトロニダゾールは抗真菌薬の一種ですが、微生物などに取り込まれると細胞毒性を発揮し抗原虫作用を発揮します。またメトロニダゾールが代謝される段階で、活性酸素が生成されDNAの連鎖を破断することで原虫の生命活動を阻害する作用を発揮するわけです。

女性の場合は、メトロニダゾールを一回服用することで治療が完了します。これに対して男性の場合は5-7日間程度服用することが必要になります。いずれにせよセックスパートナーが一緒に治療を受けるのが再発を防止する観点からも重要とされています。症状の有無にかかわらずパートナーも同時期に治療するのがポイントと言えます。