• ホーム
  • 性病にならないためにも必ずコンドームを使いましょう

性病にならないためにも必ずコンドームを使いましょう

性病の感染原因は多くの場合、各種の細菌やウイルスに感染した性器と直接接触することに起因しています。確かに性器粘膜の直接の接触を防止する点で、コンドームを性病予防に活用するのは理にかなっています。もちろん臨まれない妊娠を防止する上でも有益ですが、性病のリスクを効果的に少なくすることも同時に実践するのでコンドームの利用には大きなメリットをもたらしてくれます。

ところで、避妊予防に着目しながら日本で生活していると、コンドームが一番ポピュラーな方法として認識されています。日本国内では未婚者の実に90%以上が、避妊目的で使用しているとの調査結果もあるほどです。ところが世界的に見ると避妊のためには低容量ピルの服用や、子宮内避妊器具の使用や不妊手術などが主流で、日本のようにコンドームの使用が主流というのは少数派になります。しかしながらこれらの世界標準の方法はコストが嵩むだけでなく、安全性のための医師によるモニタリングが必須です。この点、コンドームは低価格で医師にかかる手間もなく、使用方法も簡単です。また性病リスク予防の点では低用量ピルなどに比較すれば断然すぐれています。

こういった事実を踏まえ、コンドーム製造の大手オカモトでは、かねてより保健所やイベントなどで無料配布のお試しキャンペーンを実践してきました。過去には有名アニメとのコラボレーションでも無料配布を中心にしたお試しキャンペーンを実施し、世間の注目を集めたこともあるぐらいです。
ところでオカモトといえばオリンピックの際に、大会関係者から依頼を受けてコンドームの無料配布を行ってきたことでも有名です。2020年には東京オリンピック開催が予定されていることもあって、オカモトは世界的普及と性病予防などのメリットをアピールする機会と認識しているようで、薄さよりも各国の平均的なサイズも踏まえ、承認の安定供給や選択の幅を広げるためのラインナップの充実に努めているとのことです。

世界でみればコンドームでの避妊は少数派ですが、感染粘膜との接触を可能にするだけでなく、同時に避妊も実践できるという点は、低容量ピルなどでは実践できない特徴の一つです。素材がゴムであるだけに、各種のサイズも用意するのは比較的簡単です。どの種類の性病も感染すると、面倒な手間と余計なコストの問題に直面することになります。つまり性病予防のために大事なことは、コンドームを活用することにあります。