• ホーム
  • 性病の中でも性器ヘルペスは再発しやすいので注意

性病の中でも性器ヘルペスは再発しやすいので注意

女性と説明している医者

性器ヘルペスは性器やその周辺に腫瘍が複数発生し、痛みを伴うのが特徴です。ヘルペスには幾つかの種類があることが知られていますが、性器に症状をもたらすのは2型です。1型は主に口唇周辺に腫瘍が発生しますが、年少時の両親からの接触感染が主な感染経路です。これに対し性器ヘルペスの原因となる2型のウイルスは、思春期以降の性行為が感染経路なので性感染症の一種と認識されています。これらの腫瘍は非常に破れやすい水泡状のもので、内容液があふれ出ると周囲に病変部を拡大させます。

再発時に比較すると初発時の症状は重症化する傾向があり、性器やその周辺に水泡が発生するだけでなく、高熱や全身倦怠感を伴うことも珍しくありません。これはまだウイルスに対する抗体が十分に形成されていないので、全身にとって強い刺激要因となり症状が激しくなるものと推察されます。これに対して再発時には抗体も十分に体内に獲得しているので高熱などの前身症状がなく、比較的経度の症状で済むようです。

ヘルペスの治療はバルトレックスなどの抗ウイルス薬を投与するのが基本です。バルトレックスの有効成分バラシクロビルには、ウイルスのDNAの複製を阻害する作用を持っているので、ウイルスの増殖を抑制し、水泡による潰瘍や痛みなどの病変部位の回復を促進し症状を沈静化させる効果を期待できます。バルトレックスは服薬回数も少なく、効果も確かな治療薬ですが、一度感染したヘルペスウイルスを体内から根絶させる効果は有していません。バルトレックスなどの抗ウイルス薬は症状が沈静化するレベルまでウイルスを減少させて、症状を治癒させる効果が主なものです。

ヘルペスウイルスは、症状がない健常抗体でも骨盤の神経周辺に休眠状態で生息しています。そこに免疫機能低下や何らかの刺激要因で活性化し、骨盤の神経から再活性化状態になり外陰腫瘍を形成する症状が観察されることになります。ヘルペスウイルスの再活性化で外陰腫瘍するのが、再発の典型的症状です。元来再発をおこしやすい傾向がありますが、なかには年に4-5回も再発を繰り返す場合があります。このような事例ではバルトレックスを用いて、再発抑制療法が選択される場合があります。再発抑制療法とは再発を繰り返す症例に対して、症状が沈静化している状態でも、半年から1年以上の長期間にわたりバルトレックスなどの抗ウイルス薬を継続的に投与して、再発を予防する治療法のことです。