• ホーム
  • 自覚症状が出ない性病ほど怖いので注意してください

自覚症状が出ない性病ほど怖いので注意してください

性感染症のなかには、男性の淋菌感染による尿道炎のように強烈な痛みを伴うものがある一方で、自覚症状に乏しい種類の性病も含まれています。自覚症状が乏しいながらも、感染者数が多いことで注目に値するのは性器クラミジアになります。性器クラミジアの潜伏期間は1-3週間ほどですが、潜伏期間を経過すると女性ではオリモノの増加や外陰部の軽い痒み程度の症状が出る場合があります。しかし自覚症状がほとんどない事例も少なくありません。性病のなかでもHIVのように、放置しておけばやがてエイズを発症し、生命のリスクに不可避的に直面するということはほとんどありません。しかしこの自覚症状に乏しく、放置されがちな特徴が仇になる場合が存在することは理解するべき事実です。

まずクラミジア感染を放置することで直面するリスクの中で代表的なのが、不妊症になります。クラミジアは早期発見することができれば、不妊症のリスクは回避できます。しかるに治療しないで放置すると感染が子宮内部や卵管や卵巣に波及していくことがあるのです。卵管は受精卵の子宮への通り道にあたります。ところがクラミジアに感染して炎症を起こすと、炎症が治癒しても後遺症として卵管が狭窄してしまうことがあり、受精卵が正常に子宮に定着することができなくなるのです。その結果不妊症になったり、子宮外妊娠になったりするリスクが高くなります。早期発見すれば重症化のリスクもなく、抗生物質投与で治癒も容易です。しかし治療もしないで放置しておくと、まれに重症化することがあります。

子宮や卵巣は腸や肝臓や膀胱など数多くの臓器に隣接しています。クラミジアを放置すると感染範囲が膀胱などの尿路系臓器に拡大したり、さらに腹腔内臓器に波及することがまれにあります。その結果骨盤腹膜炎や肝周囲炎を併発するリスクが現実的なものになってくるのです。骨盤腹膜炎になれば膀胱や腎臓や腸管など、腹腔内臓器全般に炎症が及ぶことになります。そして腹腔内全般にクラミジア感染が波及すると、肝周囲炎の原因にもなりかねません。確かに性器クラミジアに感染するという事実は、秘匿しておきたいものです。しかし恥ずかしいからと放置すれば不妊症や重篤な合併症のリスクに直面することにもなりかねません。パートナーの理解も得て、早期発見早期治療に取り組むことが、重症化させないための近道です。性器に違和感を覚えたら、パートナーともども治療を実践することをオススメします。